何から手を付ければいいの?注文住宅の始め方

コンセプトをじっくり考える

注文住宅で家づくりをするということは、住まいというものに対してこだわりを持ちたいという考えを持っているということですよね。注文住宅でまず初めにすべきことは、どういうこだわりを持って家づくりをするかということなのです。コンセプトや住まいに対する構想が何もないのであれば、わざわざ注文住宅で一から住まいづくりをしていくのではなく、建売住宅を購入すればいいですよね。注文住宅のミソは、なによりもまずこのコンセプトなのです。

自分の身の丈に合った予算編成を

注文住宅に限らず、住まいづくりには必ず予算が必要ですね。建売住宅とは違って、注文住宅はこだわりを持って家を作っていくため、予算はより嵩んでしまうものです。もちろんたくさん家づくりにあてがうことのできる予算があればそれに越したことはありません。しかし無理をして予算編成をして、結局生活が苦しくなってしまえば元も子もありませんよね。家づくりにはある程度夢をかけるというようなところがありますが、ひとまずは現実を見ながら予算を決めるようにしましょう。

家づくりに必要な役者を揃える

注文住宅を作るためには、もちろん一人では何もできませんよね。工務店やハウスメーカーなどに建築を依頼することになるわけですが、どういったパートナーを選ぶかもかなり重要なポイントとなります。工務店やハウスメーカー、あるいは設計事務所などにはそれぞれの特徴のようなものがあります。家づくりのコンセプトに合わないパートナーを選んでしまうと、余計にコストがかかってしまったりなどの不利益も生じかねません。よくよく熟慮して家づくりに必要な役者を配列するように心がけましょう。

注文住宅のメリットは間取りや材質等を自分で決める事ができる為、満足度の高い家を手に入れられる事です。デメリットは建売と比較しコスト高となり易い事です。コストと拘りの折合をどう付けるかがポイントです。