大きな工事、外壁塗装!自分で行えるメンテナンスとは?

外壁は意外と早く劣化する

一戸建て住宅というのは日々雨風など過酷な天候にさらされており、実は新築物件でも3年もすれば細かなヒビや汚れが外壁に生じてしまうものです。購入したばかりのときは綺麗でも、よく見るとあっという間に汚れてくるのが外壁、しかも近隣に高速道路があったり工場があったり、海沿いで潮風にさらされているといった環状況の場合、さらにひび割れなどの劣化は早く進んでいきます。築8年前後をめどに一度は外壁塗装を施すのが理想ですが、塗装工事とは大掛かりでコストも掛かるもの、つい先伸ばしにしたいのが本音ではないでしょうか。

自分で補修出来る外壁塗装とは!?

では自分で行える外壁のメンテナンスというものはないのでしょうか。これは大きなひび割れや剥離があった場合はプロに頼まなくてはいけませんが、まだひび割れがほんの少しの場合、自分で修復することも可能です。例えばモルタル外壁の場合新築したばかりの家でも0.3ミリ以下の細い亀裂が見られることがあります。これはヘアークラックと呼ばれる現象であり、ある程度は仕方ないひび割れです。こうした小さなひび割れの場合、ホームセンターなどで売られている補修材を自分で購入して塗っておけば、そこが原因で起こる今後の大きなひび割れの予防につながります。

やっぱり最後はちゃんとプロに頼もう

また、すでに外壁に大きなひび割れがあった場合はヒビの部分をV字型にカットし、そこへコーキングを施すといったプロによる修繕が必要になります。しかしこれはあくまで応急処置、大きなひび割れがある外壁というのはこれからもっと劣化がはじまる可能性があるので、いずれにせよ近いうちに大きな修繕が必要になるでしょう。また10年を過ぎた外壁の対応はなかなか自分ではできないもの、きちんと外壁塗装を施し家の経年劣化を防ぐことが大切です。

外壁塗装を千葉で手掛けている業者というのは大変多く存在していますが、それらの中でも施工品質や対応面などに優れている業者を選ぶことで、より安心して作業を行ってもらうことができます。