知っておきたい!アパート・マンション・一戸建てのそれぞれのメリット

アパートのメリットとは?

アパートの第一のメリットは、「家賃が安い」ことです。その理由は、建物の構造が木造や軽量鉄骨造であるため建築費が安く済むということや、管理費が余りかからないことなどが挙げられます。そのほかにも、駅の近くなど「立地条件の良い物件が見つけやすい」ことや、同じ家賃を支払う場合、「マンションよりも広い間取りの物件を見つけることができる」といったメリットもあります。ただし建物の構造上、マンションなどに比べて音が響きやすい(騒音問題が起こりやすい)というデメリットがあることも知っておくべきでしょう。

マンションのメリットとは?

マンションのメリットは、「高級感がある」ことや「耐震・耐火性がある」こと、そして「遮音性に優れている」ことなどが挙げられます。構造としては、鉄筋コンクリート造(RC)のものがマンションと呼ばれており、構造上建築費が高くなるため、家賃も高くなるというデメリットもあります。ただし騒音問題で悩まされたくないという人は、アパートよりも遮音性が優れているマンションのほうが向いているとも言えるでしょう。また、その物件がマンションかアパートかよく分からない場合は、建物の構造で判断するとよいと言えます。

一戸建てのメリットとは?

一戸建ての賃貸は、集合住宅と比べると開放感があるということが第一のメリットだと言えるでしょう。そしてそのほかのメリットとしては、集合住宅と比べると「騒音問題が少ない」ことや「大型犬が飼える」ことなどがあるほか、庭付き物件の場合は「庭が持てること」などが挙げられます。ちなみに家賃については、マンションと比べて同じ間取り・築年数・場所のものと変わらない金額設定になっていると言われています。ただし一戸建ては、都心から離れた場所に多いということや、物件そのものが少ないというデメリットもあります。

賃貸とはお金を払って物を貸してもらうことで、主に不動産の貸し借りについて言うことが多いです。家をまるごと借りる形態もありますが、アパートなどの部屋貸しについて、よく使われる言葉です。