ペットと暮らしたい!賃貸住宅でペットと暮らすためには

ペット可の物件はハードルが高い

動物が好きでペットと一緒に暮らしたいと考えている人って多いですよね。しかし東京などの都市部ともなると、なかなかペットと暮らすハードルというのは高いものです。というのも、賃貸物件の大家さんからすると、やはりペットを不可にしたいものなのです。というのも、賃貸住宅でペットを許可してしまうと、さまざまなトラブルの種になってしまいかねないからです。そのためペット可の物件というのは少なく、そういう物件を見つけるのが難しいのです。

どうしてハードルが高いのか

賃貸住宅でペットを飼うのが難しいのは、集合住宅ではやはり周辺住民との兼ね合いを考えなければいけないからです。ペットは臭いや騒音などでトラブルに発展しやすく、また動物嫌いの他の入居者の存在など、さまざまな状況がそのハードルを高めているのです。室内でペットを飼うことによって、壁などにそのペットの臭いが染み付いてしまうということもあります。そのため、ペット可の物件を見つけるのはハードルが高くなってしまうのです。

ペット可の物件を見つけるには

とはいえペット可の物件がまったくないわけではありません。むしろ最近では、ペットと一緒に暮らすために建てられている賃貸物件もあったりしますから、そういう物件を探してみても良いかもしれませんよ。そういう物件は、たとえば入口にペットの犬専用の洗い場があったり、室内で猫が移動しやすいように、いわゆる猫ドアが設えられてあったりなど、ペット好きの人にとっては至れり尽くせりの設備が整っている物件もあるので、是非とも探してみましょう。

帯広市の賃貸マンションには、オートロックよりもさらに防犯性が増しているダブルオートロックや訪問者の顔を映像で映してくれるテレビモニター付きのインターホンが防犯セキュリティとして取り付けられています。